静的HTML(LP)からwordpress化するときはじめにすること

NO IMAGE

LPをwordpress化するメリット

・セキュリティ関連のプラグインを入れれる
・お問い合わせフォームを設置できる
・アクセス解析などしやすくなる

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

LPの場合、
・header.php
・footer.php
はいらない。
でもこの二つの記述は忘れちゃダメ。

<?php wp_head(); ?>
 
<?php wp_footer(); ?>

最低限必要なファイル

  • 「index.php」
  • 「CSSファイル」
  • 「functions.php」(JSファイルを読み込ませる為)

で、レスポンシブのCSSファイルやJQueryのファイルが
別にあれば、その都度追加。

.xサーバーにてwordpress簡単インストール
・データベースは自動で作られる
・ドメインはもう取得済みの場合

.FTP接続して、ドメインのなかにwordpressがインストールされているから
その中のwp-content→themesの中にコーディングしたファイル一式入れ込む
(そのファイルがテーマになる)

.index.htmlの拡張子をphpに変える

.functions.phpとstyle.cssを作成。
→style.cssにテーマとして読み込ませるための記述をする

@charset "utf-8";

/*

Theme Name: originaltheme ← テーマの名前が入ります。

Theme URI: https://abcde.com ← URLが入ります。

Description: オリジナルテーマです。 ← テーマの説明が入ります。

Version: 1.0 ← バージョンが入ります。

Author:username ← 開発者の名前が入ります。

*/

.この二つをindex.phpと同じ改装にいれる。
入れ込んだら、管理画面→外観→テーマからテーマの有効化

.管理画面→外観→テーマエディターで、
index.phpの中身をwordpress化していく(~具体的に書いてる)

※VSコードに一回貼り付けて編集してwordpressに貼り付けしていく(ミスがないように)

.まず、CSS、JSをfunctions.phpに読み込み
https://malg7.com/how-to-add-js-to-wordpress/
※今回functions.phpで読み込めなかったからこれ…..↓

style.cssを読み込む場合のみ↓
<?php echo get_stylesheet_directory_uri(); ?>
他のCSSとか、JSはこれで読み込む↓
<?php echo get_template_directory_uri(); ?>

8.画像読み込み

<img src="<?php bloginfo('template_directory'); ?>/images/image.png">

ふつうはこれで行けるけど、投稿や固定ページで表示させる場合は、
WordPressタグを利用することができない。

↓このサイトにいろいろ書いてある

https://takayakondo.com/images-pass-theme-directory/

wordpressカテゴリの最新記事