学んだメソッド

NO IMAGE

*to_s メソッド

*puts メソッド

*gets メソッド
・getsメソッドは返り値としてターミナルで入力された文字列を返す
・getsメソッドはターミナルからの入力が終わるまでプログラムの処理を一回止める
・getsメソッドはターミナルからユーザーに入力を行わせ、
入力された値の文字列オブジェクトを返り値として渡します。

*chompメソッド
getsメソッドで入力した値は自動で文末に改行が入ってしまうので
それを取り除くためにchompメソッドを使います。

*to_iメソッド
文字列オブジェクトに対してto_iメソッドを使うと
その文字列を数値オブジェクトに変換することができる

*def …… end メソッド
関数を作るメソッド
def  tsutsu
puts 1
puts 2
puts 3
end

→呼び出す際は、
tsutsu
のみでOK

https://tech-master.s3.amazonaws.com/uploads/curriculums//e09b784134aecd25c955a68078fe12e8.png

*exitメソッド
whileの無限ループのときに使う

*<<メソッド
配列オブジェクトで要素を追加するときに使う

*lengthメソッド
配列オブジェクトで使える

 

*eachメソッド

配列オブジェクトに対してeachメソッドを実行すると、
配列に含まれる要素を順に取り出して繰り返し処理が行われます。
すなわち、配列の要素の数だけ処理が行われます。

 

 

rubyカテゴリの最新記事